ましゅまろ。の劇甘街道

宮大ポケサー『あさのひざし』代表による日々の軌跡

癒しに飢えたオトコ♂の話【前編】

 

という訳でおひさしぶりです。

ましゅまろ。(marshmallow_VGC)です。

今日は飛田に続く風俗オフレポになりますので未成年の方及び不快に思われる方はブラウザバックしていただけたらと思います。特にフォロワーの思春期に差し掛かった中高校生や私のイメージを壊したくない方は閲覧を非推奨いたします。

 

前回の記事

飛田新地でチンチン飛び立った話 第1部【VGC2016】 - ましゅまろ。の劇甘街道

飛田新地でチンチン飛び立った話 第2部【VGC2016】 - ましゅまろ。の劇甘街道

飛田新地でチンチン飛び立った話 第3部【完結】【VGC2016】 - ましゅまろ。の劇甘街道

 

 

 

さて。本題に。

 

前回、大阪の飛田新地に逝って半年が過ぎた。

彼女もおらず、毎日シコシコレートに潜って精神が疲労する日々を送ってる僕は最近思った。

 

女の子に膝枕して貰いながらレートに潜りたい!

 

もはやこの時点で普通の人は意味が分からないだろうが、レートが掛ける精神的負荷は重く、女の子に膝枕されながらレートに潜れば癒しが得られるのではないだろうかと真面目に思っていたのだ。通話しながらレートしていた時に一度秘めたる思いを友達に告げるとお前大丈夫か?と即答された。

f:id:marshmallows1105:20170310150203j:image

 

 

数日が経過し、女の子に膝枕して貰いながらレートに潜ることは出来ないことにやっと気付いたのでどうにかして癒しを得られないか考えた。答えはすぐに出た。

 

そうだ、風俗に行こう!!

f:id:marshmallows1105:20170310150532j:image

飛田の際に風俗は最初で最後。通うことなんて絶対にないと断言していた男の末路である。

 

 

こうして風俗のサーチが始まった。

 

幸運なことに(幸運なことではないが)近い未来にポケモンをしに福岡に行く予定があったので、有名な中洲に行ってみようと思い、他大ポケサーの風俗マスターに聞いてみることにした。

 

曖昧な質問だと絞り込むのが難しいと思ったので、今回の目的である癒しを重視して普通のヘルス(抜き)じゃなくて会話やマッサージなどを楽しみたいと思い限定して尋ねた。例えるならば、対戦を主軸に添えるならがにゅオフ。交流を主軸とするなら満足交流会。的な感じだ。(例えに使用した両オフはれっきとしたポケモンオフです。また、風俗記事の例えに使用しましたことを心よりお詫び致します。)

 

 

 

f:id:marshmallows1105:20170310151706j:image
f:id:marshmallows1105:20170310151710j:image
実際に尋ねた。最初は仕切りがないえっちな雰囲気に興奮したくてピンサロがいいと思ったが、聞いてみるとひよこ治療院というところがオススメらしい…!調べてみよう。

 

 

f:id:marshmallows1105:20170310152106j:imagef:id:marshmallows1105:20170310152110j:image


まずは洗体、極上泡を使って女の子がカラダを洗い流してくれます。次にマッサージへ。ふわふわモチモチの今までにない極上泡とひよこガールの柔らかい手と素肌によるエッチな密着マッサージに極楽気分必至です!洗体マッサージの後はハンドサービスでフィニッシュ!

 

このパワーワードの羅列。

 

 

マジやばくね

f:id:marshmallows1105:20170310152408j:image

 

ということで、癒しを求めてマッサージ店に向かうことを決意したましゅまろ。だった。

 

 

 

 

 

 

 

当日。

f:id:marshmallows1105:20170310154937j:image

 

レートで3位(1975)くらいまで上げて調整して臨んだがにゅオフは3-3でフィニッシュし、予選落ちしたため、同じく予選落ちしたぶらあり君(@sharuku_6242)とフレ戦をしながら萎えていた。僕は女の子に体もジュニアも洗って貰えるがぶらあり君は癒し要素がなさそうなので誘ってみるとコミュ障なんで無理ですと、断られた。悲しい。

 


f:id:marshmallows1105:20170310153332j:image

事前に誘った結果。

 

仕方がないので一人で行くことに。

 

 

 

 

場所は事前に把握していたので迷うことなく一直線にひよこ治療院に向かおうと思ったが、ここでましゅまろ。あることに気付いてしまう。

 

 

ましゅまろ。『俺まだ疲れてなくね?』

f:id:marshmallows1105:20170310153642j:image

 

オフで頭を使ったが、肝心の体は何一つ疲れていない。せっかく体を洗いマッサージをして貰えるので事前に疲れていた方が快感なのではと訳の分からない発見をしたましゅまろ。は体を疲れさせる旅に出ることにした。

 

 

 

 

①移動中は全力ダッシュ

全力ダッシュで移動すればとりあえず疲れるだろうという単純な発想。実際めっちゃ疲れた。

f:id:marshmallows1105:20170310154645j:image

 

 

②辛いものを食べて汗をかく

辛いものを食べればもはや疲れるんじゃね?と思い、一風堂で辛めのラーメンを夕飯に。

f:id:marshmallows1105:20170310154917j:image

 

 

エスカレーターはももを高く上げ一段飛ばし。

一風堂は駅の8-9階(忘れた)にあるのでエスカレーターで筋肉を痛め付けることが出来るのではないかと思い、ももをお腹まで振り上げて一段飛ばしで急いでる人を演出した。

 

 

これにより、体を疲弊させることに成功した。

 

俺って馬鹿だわ。(19歳男性)

f:id:marshmallows1105:20170310155414j:image

 

 

 

 

 

体を疲弊させることに成功したましゅまろ。

無事に疲れを癒すことは出来るのか!!?

後編に続く。