ましゅまろ。の劇甘街道

宮大ポケサー『あさのひざし』代表による日々の軌跡

雨の日に思ったこと。

 

 

梅雨の時期は萎えますね。ましゅまろ。です。

今日はポケモンのお話ではありません。

 

 

【0】導入

突然ですが、

みなさんは少女漫画を読みますか?

 

読む人と読まない人が半々くらいだと僕は思っています。今回は少女漫画を能動的に読むことのアド要素を紹介していきます。

 

 

【1】少女漫画を読み始めたきっかけ

僕が少女漫画を初めて読んだのは中学1年生の時でした。初めて振り分けられたクラスで隣になった女子がいわゆる少女漫画オタクでした。少女漫画オタクといっても休憩中にキャーキャー騒ぐようなウェイ系の部類だったので比較的話しやすかったです。

 

割と仲良くなった時にその人から少女漫画を勧められました。単なる趣味の押し付けの様なものです(記憶は不確かですが、少女漫画の良さについて聞いたからかもしれないですね)。その時はストロボ・エッジという作品がクラスの女子で人気を誇っていたのですが、読んでみると面白くてそれから他の作品も沢山借りて読みました。

 

それから少女漫画を読むようになりました。

 

 

【2】少女漫画を読むことのアド要素

単純に面白いです。

どこかしらで青春を謳歌したいと思ってる中高生にはかなり刺さります。また、大学生や社会人でも『中高生の頃はなぁ…』と懐かめるのでまた違った角度で楽しめると思います。

 

男子でも読むからかい上手の高木さん徒然チルドレン僕らはみんな河合荘、恋と嘘、ジャンプ系ならニセコイなどの青春ラブコメを更に濃度を高めたラブコメという感じですかね。青春に絞っているのとあくまで少女漫画ですので恋愛要素を色濃く描写しています。読むとついつい溜め息をついてしまう作品ばかりです…(。•́︿•̀。)

 

 

女子と話すきっかけができます。

女子と話すきっかけは些細な行事、その日あった出来事、共通の趣味など色々とありますが人によってはなかなかきっかけを掴めないor話が弾まないこともあるかと思います。そこで、少女漫画を引き合いに出します。男子のほとんどが何かしら漫画を持っていると同じように女子も何かしら少女漫画を持っているはずです。何かしら少女漫画を持っているということは、それを読んで思ったことがあると思うので色々と問いかけてみると乗り気で話をしてくれます。大体話が弾むと思うので、そこからLINEやメールに発展させていきます。

 

これの利点は、LINEでは仲良く話すけど実際学校ではあまり話さないといったチキン状態が発生しない点です。最初は難しいかもしれませんが、少し打ち解けた関係であればそこからは受け身を取って興味を示していれば相手は気分良く少女漫画トークをすることが出来ます。読む漫画も普通に面白いので一石二鳥です。

 

もし好きな人が少女漫画に興味がない人であれば普段通り学校行事やあった出来事など何気ない話を積み重ねて打ち解けるよう頑張りましょう。

 

 

更にデートに派生させましょう。

少女漫画を読むアドは読むだけでは終わりません。映画になって帰ってきます。もうわかると思いますが、映画に誘いましょう。②の段階を踏まえているとお互いにその作品に興味を持っていることになりますし、ある程度貸し借りありき感想ありきで仲良くなっているので受け入れられやすいと思います。

 

映画に誘うことが出来ればそのまま当日はランチやショッピングに派生するので自然にデートのお誘いが出来ますし、初めて観る映画より内容を知っているぶん話が途切れることがないです。それに加えて青春ラブコメの映画を男女2人で観ることでお互いに意識せざるを得ません。相手に男の気配がなければさっさと告白してしまいましょう。

 

 

 【3】おすすめの少女漫画

 

少女漫画を読むきっかけとなったストロボ・エッジは本当に面白かったのでぜひ読んでほしいです。また、作者の咲坂伊緒さんの次回作のアオハライドも面白いです。両方映画化されています。新作の思い、思われ、ふり、ふられも最高に青春です。

 

他にも、orange日々蝶々オオカミ少女と黒王子虹色デイズ夢みる太陽僕等がいたとなりの怪物くん君に届けラストゲーム今日、恋をはじめます砂時計などがおすすめですね。思春期ビターチェンジ新戸ちゃんとお兄ちゃんも好きです。完全に僕のただのお気に入りですけど(・・;)他にもちはやふる夏目友人帳なども少女漫画なので身近なところから読んでみるといいと思います!

 

桜蘭高校ホスト部も好きですがこれはアニメ推奨

 

いま上映されているのはピーチガールですかね。

 

 

 【4】最後に

少女漫画は単純に面白いだけじゃなく色々と派生できるアド要素の多いものだと思います。勿論、表に出しすぎると良い印象を与えないのであくまでも個人間で話をしていきましょう。多方面から考えてとてもおすすめですのでぜひ読んでみてください。 


f:id:marshmallows1105:20170627184904j:image