ましゅまろ。の劇甘街道

宮大ポケサー『あさのひざし』代表による日々の軌跡

OTKエルフを解説してみた【シャドウバース】


 

初めましての方は初めまして。

ましゅまろ。です。 7月のエルフ勝利数ランキングやGamewithさんに寄稿した記事を読んで名前を知った方が多いと思います。今回は所謂OTKエルフについての自分の考え方を示していきます。

 

 

 

なぜ記事を書こうと思ったか…?

普段シャドウバースを身内で通話しながらプレイすることが多いですが、新弾の追加により強化されたOTKエルフを使ってみたいという声をちらほら聞きました。その時、調整したデッキを渡しましたが使用感を尋ねると『使い方がわからない』『リノ算が出来ない』と返答されました。同様にTwitterでもOTKエルフの使い方を教えて欲しいとの意見があったので、OTKエルフへの理解が深まればと思い記事にすることにしました。

 
f:id:marshmallows1105:20171007164350j:image

 

OTKエルフとは…?

OTKとは One Turn Kill の略称で1ターンで相手の体力を削りきることをコンセプトとしたデッキのことを指します。シャドウバースは1ターン目(1PP)に相手の体力を削りきることは出来ないので他のカードゲームで使われるOTKの意味合いとは異なる場合があります。

 

エルフクラスはリノセウス(2/1/1)のファンファーレ効果により、1ターン中に複数のカードをプレイしてからリノセウスをプレイすることで大きなダメージを与えることが出来ます。また、限られたPPの中でなるべく多くのカードをプレイしてOTKするための補助として0コストを生成するカード及びリノセウスを手札に戻す低コストのスペルカードがあります。以下のカードはエルフクラスでOTKするための主なパーツです。

 

リノセウス(2/1/1) エースアタッカー
f:id:marshmallows1105:20171007105938j:image

ミニゴブリンメイジ(3/2/2) リノセウスサーチ
f:id:marshmallows1105:20171007111418j:image

エルフプリンセスメイジ(4/3/4) 0コスト生成
f:id:marshmallows1105:20171007111030j:image

歴戦の傭兵・フィーナ(5/4/5) 0コスト生成
f:id:marshmallows1105:20171007111052j:image

自然の導き(対空射撃) バウンス
f:id:marshmallows1105:20171007111236j:image
f:id:marshmallows1105:20171007111326j:image

 

自然の導きと対空射撃はリノセウスや0コストフォロワーを手札に戻す役割を持ちます。シャドウバースは最大5体までしか盤面にフォロワーを並べることが出来ないので0コストが邪魔してリノセウスを複数プレイ出来なくなる事を防いだり、リノセウスをプレイしてダメージを与えた後に一度手札に返して再度プレイすることで大ダメージを与える狙いがあります。

 

対空射撃は対象がいない場合はプレイすることが出来ないので注意しましょう。

 

 

OTKエルフのデッキの組み方

実際にデッキを組んでみましょう。今回は参考として自分が組んだレシピを掲載します。 


f:id:marshmallows1105:20171007112851j:image

 

 はじめに、先述したコンセプトであるOTKをするためのコンボパーツを3枚採用しました。パーツを2枚しか採用しない人もいますが、私はメインの勝ち筋を厚くしたいので3枚採用しています。次に取り巻きについてです。コンボパーツは基本的にOTK出来るまでは手札に温存するので他のカードをプレイして序盤を凌ぐ必要があります。そのために以下のカードを採用しました。

 

f:id:marshmallows1105:20171007113505j:image
f:id:marshmallows1105:20171007113643j:image
f:id:marshmallows1105:20171007113657j:image
f:id:marshmallows1105:20171007113721j:image

フェアリーサークル+エンシェントエルフの組み合わせは古き良き黄金ムーヴですが、序盤を有利に立ち回るだけでなく、中盤以降にリノセウスと合わせて削りを入れたりOTKをする時に便利なカードになります。森荒らしへの報い、茨の森は相手のフォロワーを除去することで序盤を凌ぐために採用しています。序盤をある程度凌げないと4~5ターン目にコンボパーツであるエルフプリンセスメイジや歴戦の傭兵・フィーナをプレイすることが出来ないので3枚採用してしっかり引きにいきます。中盤以降でも余ったPPでプレイすることが出来るので腐りにくいです。

 

中盤以降は進化権をOTKパーツに使いたいのでなるべく進化権をパーツ以外に使わずに盤面を処理する事が好ましいです。そのためのカードが以下になります。


f:id:marshmallows1105:20171007114637j:image
f:id:marshmallows1105:20171007132000j:image
f:id:marshmallows1105:20171007132019j:image

死の舞踏は現在流行っている原初入りランプドラゴンや骸の王ネクロの大型フォロワーに撃ちたい場面を多く感じたため採用に踏み切りました。複数枚来た時に手札でダブつきますが2点ダメージの確定除去スペルカードはOTKの範囲に入れやすくなることや全体的にスタッツの低くなるエルフクラスにとって大きなサポートになります。カシオペアは手札枚数が多くなるOTKと相性が良く、凌ぐ上で非常に強力なので採用しました。枚数は3枚採用だと腐る場面が生じる可能性があるので好みで2枚にして他のカードを入れてもいいと思います。クリスタリア・エリンは流行りのアグロロイヤル筆頭にアグロタイプ全般及びエルフミラーに強いカードです。回復出来るスタッツの高い守護というだけではなくエンハンス能力によって進化権が切れた8ターン目以降でも非常に強いです。どの場面でもあまり腐らないと判断してこれも3枚の採用としました。

 
f:id:marshmallows1105:20171007133059j:image

最後にエンジェルスナイプの採用についてです。他のクラスでは超越ウィッチなどでしか見ることのないカードですが、このデッキでは活躍します。OTKをする場面では盤面にフォロワーが埋まらないように複数のカードをプレイする必要があります。その際に1コストでプレイ出来るエンジェルスナイプやフェアリーサークルなどのカードは非常に重宝されます。また、序盤の2/1フォロワーや進化後に体力が1残ったフォロワーに使えたりOTKが1点足りない時のサポートとしても使えるので器用に立ち回ることが出来るので採用しました。3枚は腐るので2枚での採用です。

 

他のカードに関しては個人的に優先度が低かったための不採用ですので各々使いやすいカードがあれば入れ替え使ってみてください。また、使用感が良かったカードがあれば教えていただければこちらも試してみようと思います。なぜ不採用なのかについて聞きたいカードがある場合もTwitterにリプライください。また、リノセウス確定型じゃない場合はこの通りではありません。

 

 

 

OTKエルフのマリガン・立ち回り

マリガン編

先攻

フェアリーサークル

エンシェントエルフ

ミニゴブリンメイジ

茨の森

歴戦の傭兵・フィーナ

を優先してキープ

 

後攻

フェアリーサークル

茨の森

森荒らしの報い

エンシェントエルフ

ミニゴブリンメイジ

エルフプリンセスメイジ

を優先してキープ

 

エルフプリンセスメイジと歴戦の傭兵・フィーナに関しては最初の進化権でプレイする事でOTKの出来る速度が上がるため。他のカードは基本的に序盤の動きが最低限取れるような意図でキープの対象としました。OTKを使っていて嫌な負け筋の一つが序盤にカードをプレイ出来ないこと(盤面で押される上に手札が溢れる)なので最優先で回避しましょう。また、クラスにより腐るカード・活躍するカードが異なるので相手によって何が欲しいかを考えてマリガンをする事が大切です。あくまで優先は事故を防ぐ(最低限の動きを保証させる)>欲しいカードを引きにいくという順番でキープするのをオススメします。

 

立ち回り編

序盤

序盤は先述した通りにキープしたカードで展開していきます。理想ムーヴはフェアリーサークル→フェアリー×2→エンシェントエルフ→フェアリー×2+茨の森やミニゴブリンメイジ+フェアリーなどになります。意識は盤面処理優先ですが相手と状況によっては序盤からフェイスを詰めるのもアリです。

 

中盤

進化権を使っていきます。理想はエルフプリンセスメイジか歴戦の傭兵・フィーナを進化させたいですが出せない状況があることもしばしばあります。盤面と手札と相談してどう処理するのが適切かを時間をかけても慎重に考えて判断しましょう。バウンスカードが複数ある場合や対空射撃を使うプレイングが適切だと判断した場合は躊躇わずに使う立ち回りも必要になります。

 

終盤

リノ算の考え方については後述しますが、シンプルにそのターンにOTKが出来るかどうかを相手のターン中に考えて出来る場合はOTK、出来ない場合は死の舞踏などで必要な打点を補ったりコンボパーツ以外のカードまたはコンボパーツを1枚程仕方なく切って次のターンに繋げるというだけです。コンボパーツが明確なのでプレイ出来るカードもわかりやすいと思います。終盤はよく難しいと言われますが、何点出るかという所謂リノ算さえ出来れば自ずとプレイングも絞られるので慣れたら簡単です。

 

リノ算について

リノ算は慣れが必要なので難しいと感じる人も多いと思いますが、考え方さえ把握出来たら簡単になりますのでわかるように解説します。とりあえずリノ算、特に0コストが何枚とリノセウスが何枚あれば何点出るみたいな考えは一切必要ないと思っています。その場面場面で手札をみて何点出るかを考えて打点計算出来るようになりましょう。コツは何点必要→手札でどう点数を出すかではなく、最高打点が何点だからプレイしていいターンかどうかを考えるという事です。

 

まずリノセウスの効果のおさらいですが、出すターンにカードをプレイした枚数分攻撃力が上がります。そのため、当然ですがリノセウスをプレイするのは最後であるのが一番点数が出るので好ましいです。また、リノセウス→バウンス→再度リノセウスよりもプレイ→ リノセウスリノセウスの方が点数が出るのでリノセウスを複数持ってる場合は最後にまとめてリノセウスを出す方が点数が出ることがわかります。これを踏まえると逆算が可能になります…!
f:id:marshmallows1105:20171007142550j:image

 

例えば
f:id:marshmallows1105:20171007161840j:image

この盤面ではミニゴブリンメイジがリノセウス確定サーチなのでリノセウスが2枚にバウンスカードがあります。先述の通り最大打点は最後にリノセウスが2枚並ぶ状況なので最後に出すリノセウス×2枚の4PPを7PPから引きます。残りは3PPです。0コストフォロワー3枚とバウンスカードがあるので残りの3PPでリノセウス+対空射撃が出来ますね。ということは7PPのこの手札で出せる最大打点は0コストフォロワー3枚+リノセウス+対空射撃+リノセウスリノセウスで17点(467)になるのでこのターンではOTKが出来ません。次の8PPで今の7PP+対空射撃2枚目でリーサルが取れるので舞踏を撃ってこのターンを過ごします。


f:id:marshmallows1105:20171007161850j:image

相手の7PPで守護が出ませんでした。先程と同様に最大打点を逆算するとリノセウス2枚(4PP)+バウンス(1PP)+リノセウス(2PP)を引くと1PP使うことが出来ます。リノセウスはプレイしたカードの枚数分攻撃力が上がるので先に1PP→リノセウスバウンスリノセウスリノセウスの順番にプレイすると20点(578)を出すことが出来ます。リーサルですね。


f:id:marshmallows1105:20171007161856j:image

負けちゃったけど楽しかったなぁ!

 

といった感じです。リノセウスを3枚持ってる場合も同様にリノセウス3枚分のPPを先に引いて残りのPPでカードを何枚プレイすることができるかやリノセウスを先に1枚出してバウンスさせれるかを考えるだけで最大打点の計算が出来ます。リノセウスに使うPPを先に引いてあげることで残りの少ないPPのみで計算出来るのでかなり簡単にリノ算が出来ると思います。リノ算が簡単になればリノが複数いて1枚ぶつける+対空射撃で守護を突破するなどの方法も簡単に出来るのでサクサクになりますよ!

 

 コツはとにかく最大打点を出すことです٩(•ᴗ• ٩)

 

 

 

Q&A

OTKエルフを使うにあたっての質問をTwitterで募集したのでその返答をしていきます。記事内で説明している質問に関しては省略させていただきます。

 

 

Q.後攻の時にも茨の森をマリガンで残すかどうかとアグロ対策に人喰いの森の採用型有か否か

 

A.茨の森以外でプレイ出来るカードがない場合はキープします。アグロ対策の人喰いの森はあまり採用したくないカードですかね。腐る場面が多いのでどうしてもアグロがキツイのであればエルフの双撃やクリスタリアプリンセス・ティア、クリスタリア・エリンの枚数などでカバーするのが良いと思います。

 

 

Q.アグロ系統の5tまでの凌ぎ、ドラゴンなどの相手への立ち回りはどう構築でカバーしてるか

 

A.アグロ系統についてはマリガンでしっかり低コストを引くしかないと思ってますがクリスタリアプリンセス・ティアを採用しない場合はエルフプリンセスメイジや歴戦の傭兵・フィーナで生成した0コストフォロワーをしっかり出して盤面で戦うことで多少のごまかしになると思います。ドラゴンは正直以前のランプドラゴンより厳しくなってるので舞踏を3枚採用しているのはそのためですね。

 

 

 Q.アグロロイヤルにたいして残ったフィーナちゃんやメイジは処理に回るか顔詰めるか

 

A.全部処理に回って残りで顔を詰めます。守護が立てなくてどうしても詰めないといけない場合はトップ疾走考慮したうえで最小限の盤面処理をして顔を詰める場合もあります。その時の最高打点でのリーサルはある程度切るしかないですね。

 

 

Q.リーサル一歩手前の時にどうやって勝率期待値を計算するか、0コスが引けない時の分割リーサルについて詳しく聞きたいです><

 

A.リーサル手前での動きや考え方は先述した通りですのでトップ考慮した勝率期待値の計算をすることはないです。かなりキツい状況下で処理するか詰めるか選択肢が複数ある場合はログ辿って山札に残っている1コストスペルやバウンスカードの枚数を数える程度ですね。0コストカードが引けない場合はフェアリーサークルや茨の森で得た1コストフェアリーとエンシェントエルフを使ってコンスタントに点数を入れていくことが大切です。9PP、10PPでは0コストフォロワーがいなくても10~12点は出るので充分削り切れます。

 

 

以上がOTKエルフの解説になります。新しく強化されたOTKエルフを使ってみたい方の参考になればと思います。質問・意見がある方は気軽にTwitterにリプライください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

ましゅまろ。(@marshmallow_VGC)

Shadowverse GM & Elf ranking season14 1st.

【シャドバ】グランドマスター到達!ましゅまろ。使用ニュートラルエルフ | GameWith【シャドウバース】
f:id:marshmallows1105:20171007164252j:image


f:id:marshmallows1105:20171007164509j:image